2015年2月21日土曜日

2015年2月20日金曜日

カメラコレクションを始めるきっかけになったIXY DIGITAL

 一年で100台を越えてしまった。集めたなぁ・・・・・



 少しオレンジぽく撮れる、ホワイトバランスかなぁ・・・・・黄色が正解。





2015年2月19日木曜日

IXY DIGITALから進化した200は、とても使いやすくなった。

 マイクが追加された、このゴールドパーツかとても誇らしげに光っている。
ものすごく、ボディーの金属にこだわりが感じられる。レンズもF値が2.8なので
結構暗くてもそれなりに撮れます。ISOが自動なので物足りないですが、後継機種
で設定メニューが一新されてさらに使いやすくなるのですが・・・・・
写りは、こちらの方が気に入っています。




IXY DIGITAL 200aで撮影トリミング

画素数が少ないので結構荒くなってしまいますね。
このカメラの限界ですね。

2015年2月18日水曜日

IXY DIGITAL 200万画素デジタルカメラ

高級感が伝わって来ますが今となっては、鉄のかたまりと評価する方達が圧倒的でしょう。実際このカメラを手放すとなると金額が付かないと言う現象です。
しかし!!  ちょっと待った。 撮れる写真がそんなに酷いのかと言うとそんな事は、無い。
確かに200万画素なので引き伸せばつぶれた部分が粗が見えるがネットのブログ程度なら
充分まだまだ使えるカメラですね。撮影操作も充分楽しめますし・・・・。
最近のデジカメは、高性能、暗い所でも何でも綺麗に撮れてしまう。

撮れないカメラで工夫をして撮影する楽しみを忘れちゃいますよね。
どうすれば綺麗に撮れるんだろう・・・・これって大切ですよね。

iPhoneのカメラは、何も考えず使い捨て写真状態ですね。
綺麗に撮影出来ちゃうから何も考える必要が無い。

この写真の鉄の塊は、どうすれば綺麗に撮れるかカメラと向かい合う事が出来ます。
とても楽しいカメラですね。

発売当時は、メチャクチャ高額商品だった訳で、だから存在感がデカイ。

IXY DIGITAL  200で 200aを撮影してみました。